オープンナガヤ大阪は、
大阪近代長屋の魅力の発信に
取り組んでいます。

  • OPEN NAGAYA OSAKA
  • オープンナガヤスクール
  • ナガヤ暮らしアーカイブス
  • 大阪近代長屋について知る

オープンナガヤ大阪は大阪型近代長屋の保全活用を促進するためのオープンハウスイベントです。これまで長屋は特別価値のある建物とは評価されてきませんでした。しかし近代以降の大阪のまちを形成した長屋建ての住居は、身近な住居であるからこそ大阪の住文化を受け継ぐ器としての役割を果たしてきました。

年1回の「オープンナガヤ大阪」は毎年11月の週末の2日間に開催しています。会場では長屋を活用した暮らしぶりや改修のノウハウを公開し、入居希望者や空き長屋所有者等に長屋暮らしの魅力を知っていただくことによって、大阪長屋の保全活用を加速させることを目指しています。

「オープンナガヤスクール」は不定期に少人数のプログラムを展開しています。また、ガイドマップを手に入れていただくと、自由に通年で公開されているナガヤ巡りを楽しんでいただけます。

What is OPEN NAGAYA OSAKA?

“Nagaya” is the Japanese word for “row house” and, in Osaka, the rich housing culture of the prewar Dai-Osaka Era that they represent is preserved for posterity. Nagaya is found in neighborhoods with narrow alleyways replete with seasonal flowers and greenery. Residents are sometimes seen watering plants or chatting and, in areas where young shop owners opened charming cafes and sundry stores, young customers walk around with maps and magazines in hand, or wander the alleys in search of specific shops. There are also professional photographers pointing their cameras at every corner.

The fact that the nostalgia and tradition, as well as the charm and appeal, of this nagaya can be found only a single subway station away from Osaka and Tennoji Stations, where massive redevelopment is under way, is relatively unknown across the country. There are groups of citizens in Osaka’s Toyosaki, Karahori, Fukushima, Showacho and Nakazakicho districts now working to conserve nagaya.

This is why OPEN NAGAYA OSAKA was organized. Under the theme “Invitation to Nagaya Life,” we hope to opennagayato multitudes of people and have them experience the rich space and life nagayaoffers, as well as fashionable small businesses operating there.

こちらもご覧ください