『いきている長屋-大阪市大モデルの構築』(大阪公立大学共同出版会)が2018年日本建築学会著作賞を受賞

豊崎長屋での研究成果やリノベーションをまとめた『いきている長屋-大阪市大モデルの構築』(大阪公立大学共同出版会)が2018年日本建築学会著作賞を受賞しました。2013年に出版してから5年が経過しましたが、その後も多くの方の長屋への想いに支えられながら、継続してきた取り組みも含めて評価されたようです。みなさま、ありがとうございました。関連動画を下記よりご覧いただけます。今年も「オープンナガヤ大阪」がはじまります。こちらもどうぞよろしくお願いいたします。
https://www.youtube.com/watch?v=lyQPBJi_j3E